ビットコインボルトとエレクトリックキャッシュ

ビットコインボルトとエレクトリックキャッシュ

ビットコインボルトとエレクトリックキャッシュは密接な関係性にあります。

エレクトリックキャッシュを利用して資産運用を行う場合にはビットコインボルトについてもしっかりと理解を深めておく必要がありますよね。

ここではそんなエレクトリックキャッシュとビットコインボルトの関係性について深く掘り下げていきたいと思います。

仮想通貨の運用を始めたい方へ

ビットコインボルトの誕生

ビットコインボルトは2019年12月に1ドルスタートで始まった仮想通貨の事を言います。

当時は1ドルスタートで始まったビットコインボルトも今では100ドルとなっているので、インタビュー記事にもあるように、100万円分のビットコインボルトのを最初に買っていれば、現在は1億円になっているという事。

仮想通貨には初期参加が大事というのがよくわかりますよね。

ビットコインボルトの特徴

ビットコインボルトは、あのビットコインのデメリットをカバーした仮想通貨として話題になっています。

ちなみにビットコインのデメリットには「アンバランスな配分状態」「取引ミスは取り消し可能」「盗難被害」「転送速度」というような4つのデメリットがあると言われているようです。

そこで、ビットコインボルトでは、ブロックチェーンにリバーシブルトランザクションという返送機能を導入しました。

なんとこれは8000種類以上もある仮想通貨の中でもビットコインボルトだけに導入されている技術なんです。

また、ビットコインボルトは既に100万人の人に公平に分配されており、ビットコインでデメリットとなってしまっているアンバランスな配分状態を改善し、本当の非中央集権型の仮想通貨として運用されています。

エレクトリックキャッシュとの関係性

エレクトリックキャッシュの誕生はビットコインボルトの価値を上昇させるために生まれました。

保有するビットコインの元金を回収したい、現金に換金したいと、ビットコインボルトが市場に売りに出される事によってビットコインボルトの価値が下がります。

それを防止するために流通通貨としてエレクトリックキャッシュが誕生しています。

そうした関係性があるので、ビットコインボルトをステーキングする事でエレクトリックキャッシュを手にする事が出来るというのが最も特徴的な事ではないでしょうか。

また、エレクトリックキャッシュはビットコインボルトを流通通貨としての機能を高めたものになっており、これまでの仮想通貨のデメリットとなっていた送受信に時間がかかるという点や、手数料が高いという点を改善しているという特徴があります。

このように、エレクトリックキャッシュとビットコインボルトとは密接な関係性があるという事がわかりますね。

仮想通貨の運用を始めたい方へ
TOPページを見る